骨盤の歪み・左右の脚の長さが違う

  • 片方の脚にいつも体重をかけている
  • 利き腕にいつも重たいものを担ぐ、または持つ
  • 脚を組むクセがある
  • 横座り、女の子座りなどの偏りのある座り姿勢
  • 写真を撮るといつも片側の肩が下がっている
  • ズボンの裾が片側だけ長くなる
  • 骨盤が歪んでいる感じる
  • どちらかの脚の付け根が痛む
  • 左右の脚の長さが違う気がする
  • 腰周りが横に広がっている気がする
  • 写真に写るとどちらかの肩が下がっている

上記のようなことがあれば、骨盤の歪み・左右の脚の長さが違うかもしれません。

 

当院では・・・

脚の長さが違う

骨盤の歪みも、左右の脚の長さの違いも硬くなって縮まったコリが大きな原因です。
筋肉と骨盤はお互いくっつきあっています。
そのために、筋肉が硬く縮まると、骨盤の歪みや、左右の脚の長さの違いがでます。

玉川同仁堂の施術内容は、下記の3本柱です。
①筋肉をほぐす(ツボ、経絡)
②背骨・骨盤の調整、ストレッチ(関節可動域、可動性改善)
③アフターケア(姿勢のチェック・予防体操、セルフケアなど)

それぞれ詳しく説明します。

①筋肉をほぐす(ツボ・経絡)

DSC_7495
硬くなった筋肉をほぐし、血行を良くします。
当院ではツボ・経絡を刺激という手技的アプローチ方法を使います。骨盤周りの筋肉が硬く縮まって、
骨盤が筋肉で引っ張られて骨盤が歪みます。筋肉には硬くなると縮むという性質があるからです。
硬くなった筋肉をほぐすと、筋肉は伸びやすくなります。
そうすることで、
この後の『背骨・骨盤の調整』が効果を生みます。
施術は
・痛気持ち良い
・効いている痛さ

②背骨・骨盤の調整

背骨・骨盤を調整して全身のバランスを整えます。
筋肉をほぐした後で、柔軟性改善され、関節の調整がしやすい状態です。
骨盤矯正をすることで、左右の脚の長さも均等になります。

③アフターケア(姿勢のチェック・予防体操)

after
『正しい姿勢』のアドバイスをします。

 

患者さんの声

◎施術後に脚の長さが同じになりました、とても嬉しいです。
施術前の検査で脚の長さが違うことがわかりました。
「えぇっ!!」と思い少しショックでしたが、
施術を行うと良くなると聞いて一安心!
施術後に脚の長さが同じになりました。
とても嬉しいです。ありがとうございます!
(20代 女性 会社員)