自律神経失調症

カラダがだるい・疲れやすい・吐き気やめまいがする・眠りが浅い(自律神経失調症)

  • なんとなくカラダがだるい
  • すぐに疲れる
  • 肩の力が抜けない
  • ひどいときは動悸や息切れがする
  • 病院にいっても原因がよくわからない
  • 手術の必要はないと思うが、この先不安
  • たいして運動をしていないのにとても疲れる
  • 眠って起きてもだるさがとれない
  • 寝つきが悪く、眠りが浅い
  • 休みの日も朝からだるく、活動的になれない
  • 顔色が悪いと言われる
  • ストレッチしてもすっきりしない
  • といった症状を訴える患者様もいらっしゃいます。

だるくてすっきりしないカラダがいくら寝ても改善せずに、病院に行ってみても
「異常なし」
と言われたら、どうしたらよいのだろうと思いますよね。

玉川同仁堂では、2つの原因があると考えます。

①『筋肉に疲労物質が溜まって、硬くなっている』

カラダの40%は筋肉です。
そのカラダの40%(筋肉)が硬く疲労していれば、
カラダはだるいくてすっきりしません。

②『自律神経のバランスが崩れている』

自律神経とは、
体温や内臓、血管など自分の意思とは関係なくカラダを動かしていく神経で、
・カラダを活動的にする交感神経
・カラダを安静化する副交感神経
上記の二つのバランスによって成り立っています。

この二つの神経のコントロールがうまくいかなくなると、
カラダには様々な不調が起こるようになります。

自律神経のコントロールを乱す原因としては、
・過度のストレス
・不規則な生活リズム
・環境の変化
・ホルモンバランスの乱れ
など様々なものが関係してきます。
病院では、
「異常なし」
と言われても体調が悪いのはつらいですよね。

玉川同仁堂に安心して、おまかせください。

 

当院では・・・

整体で 頭痛のでないカラダづくりを目指しています。
頭痛の原因は頚や肩の硬く縮まったコリです。

玉川同仁堂の施術内容は、下記の3本柱です。
①筋肉をほぐす(ツボ、経絡)
②背骨・骨盤の調整、ストレッチ(関節可動域、可動性改善)
③アフターケア(姿勢のチェック・予防体操、セルフケアなど)

それぞれ詳しく説明します。

①筋肉をほぐす(ツボ・経絡)

DSC_7495
硬くなった筋肉をほぐし、血行を良くします。
当院では頭部足裏ツボ・経絡中心を刺激する、体の気血陰陽調整という手技的アプローチ方法を使います。

カラダの40%が筋肉ですので、
筋肉中の乳酸・疲労物質を流していけば
カラダのだるさも改善します。
施術は
・痛気持ち良い
・効いている痛さという感覚。

②背骨・骨盤の調整

39
背骨・骨盤を調整して全身のバランスを整えます。
筋肉をほぐした後で、柔軟性改善し、ストレッチ、関節の調整がしやすい状態です。

③アフターケア(姿勢のチェック・予防体操)

after
筋肉に負担の掛からない正しい姿勢をお教えいたします。

 

改善された患者さんの声

◎夜眠れなかったのが、眠れるようになりました。
今までは、朝方浅い眠りにつくという状態でしたが
改善した本当によかったです。
夜眠れなかったのが、眠れるようになりました。
夜眠れないと疲れがとれません。
本当によかったです。
(30代 女性 銀行員)