坐骨神経痛・しびれ

坐骨神経は腰椎の4・5番目の神経と仙骨の前面から出る。神経の束が合わさり、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上(大腿の下3分の1の高さ)で前後とに分かれて走行しています。

坐骨神経におこる痛み。片側の臀部、太ももの後面、ふくらはぎの痛みのほかに、下肢のしびれ、知覚鈍麻、歩行障害などが見られることがある。

坐骨神経痛を引き起こす要因は本当に様々です。

★坐骨神経そのものが病気になることはある。
★腰部脊柱管狭窄症などが原因となることがほとんどである。腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、変形性腰椎症等が原因で出る場合もあります。
★骨盤の歪み、股関節の変位なども関係してきます。その日の気分や体調によって、痛みの程度や場所が変化することもあります。
★脊椎の腫瘍、また、帯状疱疹や糖尿病が原因のこともあると非常に原因も多岐に渡るとされています。
★お尻の筋肉が硬くなっている方や梨上筋症候群など。
★歯のかみ合わせ・あごのズレ
★ストレスやショックな出来事によって症状をひき起こす場合もあり、病院の方などでは、骨盤周辺の骨格・筋肉のバランスを調整し、坐骨神経の圧迫を取り除きます。

  • 毎朝足がしびれてつらい
  • 痛みで歩くのも大変
  • 左右片側のお尻から足先にかけて、痛みやしびれがある
  • おしりにもやもや感がある
  • 腰痛がひどくなると、もも裏から足先にしびれがでる
  • おしりの横を触るとゴリゴリする
  • 足の痛み、しびれ、歩くのが大変でつらいですよね。

そんな患者様たちが当院に来院されています。

 

当院では・・・

当院では整体によって
「坐骨神経痛・ももの裏から足先にかけてのしびれのでない」
カラダづくりを目指して取り組んでいます。

腰から出て、お尻、ももの裏、ふくらはぎを通って足先までを支配する坐骨神経。
この走行に沿って痛みやしびれ、重だるい感じがすることを坐骨神経痛と呼びます。
お尻の筋肉である梨状筋が硬く縮まってできたコリによって
坐骨神経が圧迫を受けた場合に起こります。

◎足を組むクセ
◎長時間の椅子の使用

上記のような生活習慣も、
坐骨神経を強く引っ張ることになり、症状を強くする原因となります。

病院を受診すべき症状、具体的には
◎発症年齢が50歳以上
◎交通事故などでケガをしてから腰が痛い
◎痛みが徐々に強くなっている
◎体重が原因不明で減少している
◎腰の手術を受けたことがある
◎腰が痛くて前屈できない状態が3カ月以上続いている

ような病的な場合は別として、
病院では異常がないといわれたのに、
おしりや太ももの筋肉が硬くなり、痛みが出る場合もあります。

玉川同仁堂の施術内容は、下記の3本柱です。
①筋肉をほぐす(ツボ、経絡)
②背骨・骨盤の調整、ストレッチ(関節可動域、可動性改善)
③アフターケア(姿勢のチェック・予防体操、セルフケアなど)

それぞれ詳しく説明します。

①筋肉をほぐす(ツボ・経絡)

DSC_7495
あなたの硬くなった筋肉をほぐして、血行を良くしていきます。
当院ではツボ・経絡を刺激する、体の気血陰陽調整という手技的アプローチ方法を使います。

施術は
・痛気持ち良い
・効いている痛さという感覚。

②背骨・骨盤の調整

39
背骨・骨盤を調整して全身のバランスを整えます。
筋肉をほぐした後で、関節の調整がしやすい状態です。

③アフターケア(姿勢のチェック・予防体操)

after

腰痛は、猫背で筋肉が硬くなり引き起こされます。
『正しい姿勢』のアドバイスをします。
また簡単にできる腰のストレッチもお教えいたします。

日常生活の指導

座位、立位、寝る時の不良姿勢の矯正。体の上手な使い方。

腰痛・坐骨神経痛改善の体操

1.背臥位で足はベッドですべらせながら膝と股関節屈曲、対側下肢同じ。

膝を立て、胸に患側膝をつけ、腹筋を収縮しながら対側下肢を伸展方向に滑らせるように指示する。健側膝窩に枕を置き、両手を使って患側股関節屈伸を行う。さらに股関節を外転・外旋。反対側も行う。

2.骨盤傾斜運動:腰の反りを減らす運動(10回ずつ)

腰部の傍脊柱筋を伸展させ腹筋を強化する。

condition13

A 楽にした正常な姿勢。手は、一方は恥骨部、他方は上胃部と別々の位置(ダッシュ線で示してある)にのせておく。
B 第一段階:腹部の筋の収縮によって脊柱は平らになり恥骨結合は剣状突起の方向に動き、両手も近づく。
C 第2段階:股関節と骨盤を持ち上げる。胸腰連結部は床にびったりつけて置き、その間、背部は反らせずに平らにしておく。こうすると、両手の位置は次第に近づく。背部を丸め反らしてAの姿勢に戻し、楽にして横隔膜を使って呼吸を行う。

3.股関節外旋筋群の伸展運動

① 背臥位とし、右の足を屈曲した左の膝の上に載せる。右の大腿を屈曲させ、外旋させる。
② 左大腿遠位部の後面をつかむようにする。
③ 右の臀部に緊張感がかんじられるまで、左股関節を屈曲する。
④ 緊張感が経過30秒~1分までこの位置を保持した後、股関節 の屈曲を増大する。

また、よくある質問で
「腰痛ベルトを巻いた方が良いですか?」
と質問される方がいらっしゃいます。

玉川同仁堂の見解は、
「痛くてどうしようもなく、腰痛ベルトを巻くと楽になる場合は使い、それ以外の時は極力使わないほうが良い」
です。

理由としては、腰痛ベルトを巻くことで、筋力が低下してしまい、血流が悪くなるので筋肉が硬くなってしまうからです。

ですので、
「腰痛ベルトをつけると楽なので、使ってしまいます」
という方もいらっしゃいますが、このような理由でおすすめはしていません。